『きみの〇〇の世界に恋をした。』

梅を撮るワンポイントレッスン!


梅を撮るワンポイントレッスン!

梅を撮るワンポイントレッスン!

2022.03.07

斎藤裕史先生はこの春

梅の花の撮影に鈴鹿の森庭園へ行く予定をしています。
ピンク色と白色のしだれ梅を望遠レンズでフレーミングした写真を撮影出来たらと…

 

今回は梅の花の撮影のポイントについてお聞きしました!

 

時間帯で異なる撮影方法

午前と午後では光の方向が違うので
光をどのように生かすかがポイントだそうです。

午前は
天気が悪ければあまり関係ないが
天気が良い日は光の方向を意識して絵作りをするのがポイント

午後は
ライトアップ
鈴鹿の森庭園では夜になるとライトアップが開催される

薄暮、ブルーモーメントの時間のライトアップのがポイント
いわゆる、空が真っ暗になる直前
日が沈んでから空がほんのり青みがかった時間帯
この時間帯をマジックアワーと呼ぶ

ライトアップは天気が良い方が空の色が綺麗に写る
曇りや雨でも空は青くなるが、青い時間が短い

鈴鹿の森庭園は梅の枝ぶりがとても綺麗なので、見上げた写真を撮影したいそうです。

 


そして鈴鹿の森庭園では少し違った表情の梅の花の撮影ができると教えていただきました!

狙っているシーンは2つあるそうです。


1つ目
花の散り際に現れる
梅の花びらの絨毯

お話を伺いながら情景が目に浮かび『なるほど!』と驚き!
花が散った後の美しさも、そんな風に写真に収める事ができるんですね。
ところが今年は開花が遅いので予定日は撮影が難しいかもしれないが、もし出会えれば撮影したいそうです。


2つ目
雪中の梅

時々、寒の戻りで雪が降り綺麗な見頃の梅に雪が積る

今年は寒かったので、もしかして?と期待していたが
天気予報を見ている限りでは予定日には撮影は難しそうかなと…
『もし可能性あれば吹っ飛んで行きます!』と仰っていました。


鈴鹿の森庭園はここ数年注目しているスポットなのでと斎藤裕史先生も楽しみにされているそうです!

 


是非皆さんも梅の写真を撮って #(ハッシュタグ)を付けてSNSに投稿してみてください!
タグ↓
@LikeLink350
#LikeLink

♢SNSに投稿していただけますと、あなたの写真の添削記事がアップされるかも!?

 

次回はいよいよ撮影日の様子をお伝えしますので、お楽しみに♪

blog「ふっても晴れても写真日和」

最新記事を見逃さない為に 
簡単!▶アカウント登録 
メンバー 斎藤裕史の『写真の世界。』を
フォローしよう!

 

まずは▶アカウント登録 

▶[リンクする]で更にメンバーの応援しよう!

 

メンバーの[フォロー]と[Like♡]もお願いします!

Profile

写真の世界
斎藤 裕史

Profile

●名前     斎藤 裕史(さいとう ひろし)

●生年月日   1968年09月20日
●出身地    千葉県松戸市 
●活動場所   大阪をベースに全国