『きみの〇〇の世界に恋をした。』

水稲の苗づくり(播種)


水稲の苗づくり(播種)

水稲の苗づくり(播種)

2022.05.04

ついに今年もやってきました…

水稲の苗づくりの季節!

毎年、『ここが農業の本格的スタートだ!』という気持ちがしますね。

それくらい、お米の苗作りは農家にとって大事な作業です。

 

今年は、山田錦・ヒノヒカリ・ミズホチカラという三種の水稲の苗づくりを行いました。

いい天気に恵まれて、農業のスタートとして最高な一日♪

まずはその作業のようすをご覧ください!

少し解説を入れますね!

まず、機械の中に苗箱という、苗を育てるための浅い箱を入れています。

そうすると、機械がそこに床土(とこつち)という、苗の生育には欠かせない土を敷き詰めてくれます。

その次の行程で、床土にスジ(溝)をいれて、種となる米の入る場所を作ります!

これを作ることによって、苗が一列に育ってくれるんです。

そしていざ播種(はしゅ)!種をまくことですね。お米がたくさん土に落ちているのが分かると思います。

そして水をかけて、覆土(ふくど:土をかぶせること)。

こうして水稲の苗づくりは完成です!

 

流れるような動きでスイスイ進んでいますが、

実はこれだけの行程が一気に行われているんです。

この苗箱は、10a(およそ一反)あたり15~20箱必要と言われていて

田んぼの広さによっては一度に何千箱も作らなければなりません!

そのことを考えると、一気に効率的に苗を作ってくれる機械はとてもありがたいです。

 

また苗が育てば、田植えのようすもお届けします!

Profile

農業の世界
藤岡 啓志郎

Profile
●名前     藤岡 啓志郎
●生年月日   1994年3月18日
●出身地    兵庫県多可郡多可町
●活動場所   兵庫県多可郡多可町
●活動歴    4年
●これ…